氷菓 作品情報

ひょうか

わたし、気になります!

氷菓のイメージ画像1
氷菓のイメージ画像2

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎は、姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢さま・千反田える。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼される…。旧友・福部里志、伊原摩耶花も加わり、神山高校新生古典部として活動を開始した彼らは、事件の真相へと迫ってゆく。

「氷菓」の解説

米澤穂信の大ヒット青春学園ミステリー〈古典部〉シリーズ第1弾「氷菓」を実写映画化。奉太郎には、多数の映画、ドラマや舞台で大活躍中、急成長を遂げる若手俳優・山崎賢人。硬質で古めかしい言い回しの台詞とため息が似合う、省エネでありながら、推理力を秘める奉太郎を演じることで、新たな境地を開拓し、熱演。えるには、NHK連続テレビ小説「わろてんか」への出演も決定するなど、注目を集める若手女優・広瀬アリス 。えるの好奇心を象徴する美しく大きな瞳で、奉太郎をひっぱっていくポジティブでまっすぐなえる像を作り上げた。伊原摩耶花役に小島藤子、福部里志役に岡山天音と、フレッシュキャストの豪華競演が実現。脚本と監督は、『劇場版 零~ゼロ~』他多数の作品を手がける実力派・安里麻里。(作品資料より)

氷菓のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月3日
キャスト 監督・脚本安里麻里
原作米澤穂信
出演山崎賢人 広瀬アリス 小島藤子 岡山天音 天野菜月 眞島秀和 貫地谷しほり 本郷奏多 斉藤由貴
配給 KADOKAWA
制作国 日本(2017)
上映時間 114分
公式サイト http://hyouka-movie.jp/

(C)2017「氷菓」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-11-06

最近の学園青春ものはタイムリープや転生などSF要素に頼りすぎているなか、この作品は理詰めで難問に立ち向かう点は良かった。大したストーリーではないが、無理なく見れる内容と言えて悪くない


レビューを投稿する

「氷菓」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:01

広告を非表示にするには