ブルーム・オブ・イエスタディ 作品情報

ぶるーむおぶいえすたでぃ

あなたの歴史は私の歴史―未来に続く旅

ブルーム・オブ・イエスタディのイメージ画像1
ブルーム・オブ・イエスタディのイメージ画像2

ナチスの戦犯を祖父に持つトトは、ホロコーストの研究者として2年がかりで”アウシュビッツ会議”の準備を進めてきた。ところが、怒りっぽく破壊的な性格が災いしてリーダー役から降ろされてしまう。さらに恩師である老教授が急逝し、大事な会議の実現が危うくなる。時を同じくしてフランスかやって来た研修生ザジは、大胆で先の読めない言動でトトを振り回す。彼女の祖母はホロコーストの犠牲者だった。

「ブルーム・オブ・イエスタディ」の解説

人は殺し合い、愛し合う。ナチスの非道と迫害されたユダヤ人の悲劇を追求した映画はこれまでにも数多くあるが、第29回東京国際映画祭でグランプリに輝いた本作は、『4分間のピアニスト』のクリス・クラウス監督が丹念にホロコーストの調査を重ね、加害者と被害者の歴史を背負って生きる主人公たちの葛藤とロマンスを、毒気たっぷりのユーモアを交えて活写し異彩を放つ。『アクトレス~女たちの舞台』のラース・アイディンガーと、『午後8時の訪問者』のアデル・エネル演じるトトとザジが、ドイツからウィーン、さらにラトビアへの旅を通じて導き出す答えには、過去を知り、未来を切り開くポジティブなメッセージが込められている。

ブルーム・オブ・イエスタディのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月30日
キャスト 監督・脚本クリス・クラウス
出演ラース・アイディンガー アデル・エネル ヤン・ヨーゼフ・リーファース ハンナー・ヘルツシュプルング
配給 キノフィルムズ
制作国 ドイツ=オーストリア(2016)
年齢制限 R-15
上映時間 123分
公式サイト http://bloom-of-yesterday.com/

(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ブルーム・オブ・イエスタディ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:03

広告を非表示にするには