アトミック・ブロンド 作品情報

あとみっくぶろんど

美しきブロンドの女性スパイの非情な戦い

アトミック・ブロンドのイメージ画像1
アトミック・ブロンドのイメージ画像2

1989年、ベルリンの壁崩壊直前のドイツでは各国のスパイ達が暗躍していた。MI6の女性エージェント、ローレン・ブロートンは、極秘情報が掲載されたリストの奪還と、二重スパイ“サッチェル”の発見というミッションを受け、ベルリンに向かう。ベルリン支部の責任者であるデヴィッド・パーシヴァルと共に任務に入るが、パーシヴァルも怪しい動きを見せていた。誰も信じられない中、フランスの諜報員、CIA諜報員などが入り乱れ、状況は混乱していく…。

「アトミック・ブロンド」の解説

東西冷戦末期の混乱するベルリンを舞台に、スパイたちが暗躍する様子をスタイリッシュに描いたサスペンス・アクション。シャーリーズ・セロンがMI6の凄腕スパイを演じ、激しい肉弾戦を繰り広げる。シャーリーズ・セロンは体を張って、インテリジェンスの世界で暴力と知力を駆使して生き延びるしたたかなスパイを演じている。彼女と相対する各国のスパイ役には、MI6エージェントのジェームズ・マカヴォイ、フランス諜報部のソフィア・ブテラ、CIAのジョン・グッドマンなど、実力派俳優達が顔を揃えている。アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化したのは、「ジョン・ウィック」シリーズでプロデューサーを務めるデビッド・リーチ。

アトミック・ブロンドのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月20日
キャスト 監督デヴィッド・リーチ
出演シャーリーズ・セロン ジェームズ・マカヴォイ ソフィア・ブテラ ジョン・グッドマン トビー・ジョーンズ
配給 KADOKAWA
制作国 アメリカ(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 115分
公式サイト http://atomic-blonde.jp/

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.25点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ロシアより忠誠心(スピリット)を込めて」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-01

東西ドイツ統一前と言う時代背景もあり、アナログ感と体当たりの演技が見応え十分です。これ以上の真実はないと言うアトミックなブロンド、スパイがかっこいい。その精神(スピリット)で、忠誠心で、スピリッツ(強酒ウォッカ)を愛し、真実を抱き真実の為に戦う。これ以上ない原子レベルの真実に生きるスピリットでる。


レビューを投稿する

「アトミック・ブロンド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-16 00:01:08

広告を非表示にするには