ゆずりは 作品情報

ゆずりは

コロッケが、本名・滝川広志で挑む初主演作

ゆずりはのイメージ画像1
ゆずりはのイメージ画像2

葬儀社「安宅」の営業部長・水島正二は、仕事の影響もあり、長年心を押し殺す事に慣れてしまっていた。新入社員として採用した高梨歩は、茶髪にピアスのチャラい青年。葬儀社には不向きだと思われたが、水島のたっての希望で採用した。高梨を厳しく指導する水島たち葬儀社のスタッフはやがて、彼が自然体で遺族に寄り添う豊かな感受性を持っている事に気付く。高梨と共に遺族たちと交流を重ねるうちに、水島の心境は変化していく。

「ゆずりは」の解説

日本を代表するエンターテイナーのコロッケが、本名の滝川広志名義で、そして表情と感情を押し殺した演技で挑んだ感動ドラマ。葬儀社のベテラン社員と新入社員のコンビが、葬られる人々とその遺族との交流を通して生と死に向き合うさまが描かれる。“老々介護”や“終活”といった言葉が注目される昨今、誰もが避けて通る事ができない“死”を通して、大切な人を葬る思いが温かくきめ細かなタッチで描かれ、好感が持てる一篇。監督を務めるのは、「HERO」ほか数々の人気ドラマの演出を手がけた加門幾生。「ゆずりは」とは、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉する事からその名で呼ばれているそうで、それにまつわるエピソードも涙を誘う。

ゆずりはのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月16日
キャスト 監督加門幾夫
原作新谷亜貴子
出演滝川広志 柾木玲弥 島かおり 勝部演之
配給 アジアピクチャーズエンタテインメント、エレファントハウス
制作国 日本(2018)
上映時間 111分
公式サイト http://eiga-yuzuriha.jp/

(C)「ゆずりは」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ゆずりは」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-20 23:30:08

広告を非表示にするには