スイス・アーミー・マン 作品情報

すいすあーみーまん

不思議な味わいを持つ、癒しと友情の物語

スイス・アーミー・マンのイメージ画像1
スイス・アーミー・マンのイメージ画像2

無人島で助けを求めていた青年ハンクは、いま絶望から自ら命を絶とうとしていた。その瞬間、波打ち際に打ち上げられた男の死体が目に入る。死体から出るガスと浮力を利用し、ハンクは無人島からの脱出に成功。この死体は蓄えた水を口から出し、硬直した指が火打石の代わりになり、名前を「メニー」と名乗って会話もできるという「万能ナイフ」のような死体だった。やがて、ハンクとメニーには不思議な友情が芽生えていく。

「スイス・アーミー・マン」の解説

ストーリーを読んでも、イメージがつかめないと思う人がいても当たり前。何しろ映画のほとんどは、人里離れた場所で人生に絶望したポール・ダノが、死体のダニエル・ラドクリフと出会い、不思議な関係を築いていく話なのだから。とにかくラドクリフくんの“死体”ぶりから、目が離せない。いい奴だったり、哀愁を漂わせたり、自分では動けない、とにかく“受け”の名演技。終盤に行くに従って、物語を主導するポール・ダノ演じるハンクの辛い人生が垣間見えていくあたりもホロリとさせる。一方、現実にはありえないようなシュールなシーンが、シリアスさを和らげる。腹にたまったガス(おなら)で、ジェットスキーのように海上を走る冒頭のシーンから、この映画が“ふつう”ではない事がわかるだろう。哀愁とユーモアに満ち、そして心に残る一風変わった青春映画。

スイス・アーミー・マンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月22日
キャスト 監督・脚本ダニエルズ(ダニエル・シャイナート ダニエル・クワン)
出演ダニエル・ラドクリフ ポール・ダノ メアリー・エリザベス・ウィンステッド
配給 ポニーキャニオン
制作国 アメリカ(2016)
上映時間 97分
公式サイト http://sam-movie.jp/

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「Fart=屁ぇ=可笑しな二人」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-18

Hankは過度にお腹を空かせた毛糸頭の女装野郎。marry meの妄想をmanny meが叶えてくれる。 Mannyはハンクの切実な願いのアンサー、創造の海からやって来た、可能性の使者であり死者。神は我らと共にありを具現化している。様々なスラングや揶揄、比喩があるので日本人には、面白さは半減?これを機に世界を広げるのもいい。彼が意外と自宅の近所だったのも、全ては神の内って落ちかな?意味を知ると本当おバカな野郎(fart)の珍道中。


レビューを投稿する

「スイス・アーミー・マン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:02

広告を非表示にするには