ディストピア パンドラの少女 作品情報

でぃすとぴあぱんどらのしょうじょ

奇跡の少女は、人類の希望となるか

近未来のイングランド。ウィルスのパンデミックによって人類のほとんどが凶暴な“ハングリーズ”と化し、生き残ったわずかな人々は、壁に囲まれた安全な基地の中で暮らしていた。とある田舎町の軍事施設には、ウィルスに感染しても思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを精製すべく研究が行われている。ある日、その子供たちの中に、知能を持った奇跡の少女メラニーが現れる。

「ディストピア パンドラの少女」の解説

M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を、著者自身による脚本で映画化したSFスリラー。ウィルスの蔓延により、人類の多くが「ハングリーズ」化した近未来のイングランドが舞台。オーディションで500人以の中から選ばれた新人女優、セニア・ナニュアがヒロインの“奇跡の少女”メラニーを演じ、シッチェス映画祭で女優賞を受賞した。『007 慰めの報酬』のジェマ・アータートン、『ボーン・アルティメイタム』のパディ・コンシダインら人気俳優、そしてベテラン女優、グレン・グローズが脇を固めている。監督は、テレビドラマ「SHERLOCK シャーロック」シリーズの「三の兆候」を手掛けたイギリスの新鋭、コーム・マッカーシー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月1日
キャスト 監督コーム・マッカーシー
出演セニア・ナニュア ジェマ・アータートン グレン・クローズ パディ・コンシダイン
配給 クロックワークス
制作国 イギリス=アメリカ(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 111分
公式サイト http://pandora-movie.jp/

(C)GIFT GIRL LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2016

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ディストピア パンドラの少女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:07

広告を非表示にするには