ザ・ダンサー 作品情報

ざだんさー

伝説のダンサー、ロイ・フラー感動の実話

ザ・ダンサーのイメージ画像1
ザ・ダンサーのイメージ画像2

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドルセー伯爵だった。やがてロイは“パリ・オペラ座”で踊る夢を叶えるために、たった一人で海を渡る。情熱と信念だけで、「フォリー・ベルジェール」で踊るチャンスを手に入れたロイは、完璧な舞台を目指す。いよいよ迎えた初日、観客は初めての体験に驚き、ロイは一夜にしてスターとなる。再会したルイと友情と愛情を行き来する関係を続けながらダンスに邁進するロイ。そして遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。まだ無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラ・ダンカンを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬、肩の痛みに苦しみながらも夢に向かって準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた…。

「ザ・ダンサー」の解説

パリが最も美しく、最も華やかだった時代、19世紀末ベル・エポック。印象派やキュビズムなど新しいアートが一気に花開き、ヨーロッパ中が豊かな文化の香りに酔いしれた。ひと時代を創り出し、後世にも大きな影響を与えた才能あふれる新進アーティストたちのその中に、世界にひとつのダンスで、熱狂を巻き起こしたダンサー、ロイ・フラー。鮮明な映像や写真がほとんど残っていなかったために、一度は歴史の中に埋もれていたロイだが、近年再び注目されている。長い衣装をまとって踊るロイの写真に衝撃を受けたフォトグラファーのステファニー・ディ・ジューストが、ロイの伝記を基に映画を完成させた。主演はミュージシャンとして大ブレイクを果たし、『博士と私の危険な関係』の主演やマドンナのショートフィルム「Her Story」でも話題となったソーコ。(作品資料より)

ザ・ダンサーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月3日
キャスト 監督ステファニー・ディ・ジュースト
出演ソーコ リリー=ローズ・デップ ギャスパー・ウリエル
配給 コムストック・グループ
制作国 フランス=ベルギー(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 108分
公式サイト http://www.thedancer.jp/

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ザ・ダンサー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-25 23:32:43

広告を非表示にするには