ある決闘 セントヘレナの掟 作品情報

あるけっとうせんとへれなのおきて

謎の事件を追うレンジャーが知った真相とは?

ある決闘 セントヘレナの掟のイメージ画像1

1886年のテキサス。州知事に呼び出されたテキサスレンジャーのデヴィッドは、メキシコとの国境のリオ・グランデ川に何十というメキシコ人の死体が流れ着いている事を告げられる。上流の町マウント・ハーモンの捜査を命じられたデヴィッドは、妻のマリソルを連れて町に向かう。そこは、“説教師”と呼ばれる男エイブラハムが牛耳る町だった。そしてエイブラハムこそ、22年前に自分の父を殺した男だった。

「ある決闘 セントヘレナの掟」の解説

原題が示す「ヘレナ流の方法」とは、お互いの左手を布で繋ぎ合わせ、右手のナイフでどちらかが死ぬまで戦うというもの。幼い頃、この決闘で父親を殺されたテキサスレンジャーのデヴィッド。その捜査の対象となるのは、その父親を殺したエイブラハム。彼は、怪しいながらも強い説得力を持ち、神の名の下に人々の心を操っているように見える。その力に、私情を排して捜査をしようとしているデヴィッドもまた、翻弄されていく。主人公が違うルールの異世界に入っていき、心身ともに乱されていくという点で、『地獄の黙示録』の原案となったコンラッドの小説「闇の奥」を連想するが、もちろんその影響を受けていると監督や脚本家も公言している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月10日
キャスト 監督キーラン・ダーシー=スミス
脚本マット・クック
出演ウディ・ハレルソン リアム・ヘムズワース アリシー・ブラガ エモリー・コーエン
配給 クロックワークス、東北新社
制作国 アメリカ(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 110分
公式サイト http://arukettou.com/

(C)MISSISSIPPIX STUDIOS, LLC 2015

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ある決闘 セントヘレナの掟」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-23 00:01:47

広告を非表示にするには