アイム・ノット・シリアルキラー 作品情報

あいむのっとしりあるきらー

ソシオパスの少年vs猟奇連続殺人鬼

アイム・ノット・シリアルキラーのイメージ画像1
アイム・ノット・シリアルキラーのイメージ画像2

アメリカ中西部の町にある葬儀屋。息子のジョンは、日ごろから遺体の防腐処理を手伝うからなのか、死体や殺人に異常な関心を示すようになり、ソシオパス(社会病質者)と診断される。ある日、町で連続殺人事件が発生する。身体を切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られた無残な死体を目にしたジョンは、殺人鬼が近くに潜んでいると感じ、その存在が気になり始める。周辺の調査を開始したジョンは、殺人現場を偶然に目撃してしまう…。

「アイム・ノット・シリアルキラー」の解説

死体や殺人に異常な関心を示し、カウンセラーからソシオパス(社会病質者)と診断された少年と、連続猟奇殺人犯(シリアルキラー)の老人、そんな二人の狂気の沙汰を描いたサイコホラー。連続殺人鬼に憧れながらも自分が殺人鬼になるのではないかと不安を抱くジョンは、町で連続殺人事件が発生して大興奮─。そんなジョンを演じるのは、『かいじゅうたちのいるところ』でマックス少年を演じたマックス・レコーズ。なかなかのイケメンに成長していて注目。一方、殺人鬼のクロウリー爺さんを、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のクリストファー・ロイドが怪演。ジョンの心情に寄り添うストーリーは、青春映画の側面もあって楽しめる。

アイム・ノット・シリアルキラーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月10日
キャスト 監督ビリー・オブライエン
出演マックス・レコーズ ローラ・フレイザー クリストファー・ロイド
配給 松竹メディア事業部
制作国 アメリカ(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 86分
公式サイト http://iamnotserialkiller.jp/

(C)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-06-21

時間がただ過ぎていくだけの作品に過ぎなかった。いや、決して期待していた訳ではありません。エグい、怖い、気持ち悪い…なんていうあらゆる感情がそれほど浮かんでこなかったのだ。このタイプの作品にしては目新しさがなかったからだろう。それよりも、アメリカ中西部の町なら「あり得る話」ではないだろうかと思った次第。


レビューを投稿する

「アイム・ノット・シリアルキラー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-14 00:01:19

広告を非表示にするには