ボンジュール、アン! 作品情報

ぼんじゅーるあん

思いがけない旅で自分を見つめ直す人生賛歌

ボンジュール、アン!のイメージ画像1
ボンジュール、アン!のイメージ画像2

映画プロデューサーの夫マイケルと一緒に、カンヌ国際映画祭にやってきたアン。そのまま2人でバカンスの予定が、急遽新作の撮影のためにブダペストに行く事に。耳の具合が悪いアンは、飛行機には同乗せずにパリで休む事に。そんなアンを車で送ろうと申し出たのは、マイケルの仕事仲間のジャックだった。7時間でパリに着くはずが、途中で美味しいワインや料理、そして名所の数々に寄るうちに、1泊2日の素晴らしい旅に変わっていく。

「ボンジュール、アン!」の解説

巨匠フラシス・フォード・コッポラを妻として支え続けてきたエレノア・コッポラだが、監督したドキュメンタリー『ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録』でエミー賞を受賞している。その彼女が、自らの実体験を基に、脚本・監督を務めた。多忙な映画プロデューサーのマイケルはフランシスそのものであり、子供が手を離れてふと自分を見つめ直す主人公アンには、エレノア自身が色濃く投影されている。本作最大の見どころは、何度も登場する食事シーン。美味しいワインを飲み、美食に満たされ、ユーモアと品に満ちた会話を楽しむアン。夫はいるものの女性として自分を見てくれ、素敵に自分をリードしてくれる男性に、気を惹かれないはずはない。フランスの地方都市の素晴らしさも、特筆もの。

ボンジュール、アン!のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月7日
キャスト 監督・製作・脚本エレノア・コッポラ
出演ダイアン・レイン アルノー・ヴィアール アレック・ボールドウィン
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
制作国 アメリカ(2016)
上映時間 92分
公式サイト http://bonjour-anne.jp/

(C)American Zoetrope, 2016

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「ダイアン・レイン大好き」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-10-08

良い作品でした。重すぎず、40代過ぎの女性ならば誰もが共感持てるテーマだと思います。人は、長く生きていれば、誰もが過去のしがらみを持っているが、過去や未來に縛られず、今この瞬間に生きようと言うことを実感しました。端的に言えば、ロードムービーと女性の自分探しの映画てすが、フランスの風景の美しさ、ダイアン・レインの変わらないキュートな魅力で、良作になっていると思います。また、みたいと思います。


レビューを投稿する

「ボンジュール、アン!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-08 00:12:00

広告を非表示にするには