フェリシーと夢のトウシューズ 感想・レビュー 8件

ふぇりしーとゆめのとうしゅーず

総合評価2点、「フェリシーと夢のトウシューズ」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「なるせ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-05-27

普通に考えて被害者は悪役だった親子ですよね 笑「ママに言われたから」踊ってるカミーユは、筋トレも練習も自主的にしていました。逆らったらママが怖いのもあったのかもしれない、それでも練習して努力してきたのはこの子だと思うんですよね。ぽっと出のどこの馬の骨ともしれない女の子が気づいたら家で暮らしてたなんて恐怖以外のなにものでもない。コネとはいえ入学も決まってたのにそれをかっさわれ、手紙が来ない来ないと思えば自分の名前を語った、家に居座る女の子が「カミーユ」の名を語って好き放題。作中、カミーユと母が「名誉が…」とかなんとか激昂して、主人公は言い訳たらたらですけど、どっちが被害者かといえば間違いなくカミーユですよね?フェリシーの視点で物語は進みますが、物語の矛盾や、親子が不憫で頭に入りません。母親もあの調子ならきっと、娘に賭けてたんでしょうね。要約すると主人公が好きになれませんでした。

P.N.「パパ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-04-15

こんな酷いの久しぶり。既視感ある定番要素を脈絡なく無駄に盛り込み、繋げただけの映画。ストーリーの矛盾を上げればきり無いし、公平感も欠如、何を感じれば良い映画なのか、、、吹替までひどい。屋根から転び落ちる女の子を前にかけるシャウトは「こねこちゃーん!!」そんなセリフ言います??最後には、くるみ割り人形の幕が開けエンディングに向かいますが、バレエとは程遠い現代音楽のBGM。バレエファンすら敵に回すのでは、、、

P.N.「ママ」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2018-02-16

この話が成り立つのが不思議で仕方ありません。見ているうちに、だんだん主人公に腹が立ち、成功する姿に疑問を持ちました。悪役に書かれている家族の方が気の毒に感じるお話でした。嘘をついてチャンスをつかみ、努力した人たちがバカを見るような設定のお話です。

P.N.「もりっちょ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-12

夢があっていいです(*'ω'*) 幼稚園から小学校低学年ぐらいの子には夢中になれる映画でした。我が家の娘は大興奮で、映画の影響でずーっとヒラヒラ一日中踊ってます。本格的なバレエ映画というより(でも踊りは素敵だったよ)、忍たま乱太郎とか(こんな忍者いないとか、子供でアルバイトとかないでしょって怒る人いないし)見るつもりでで楽しめば素直に素敵な映画だと思います。

P.N.「あっけ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-08-27

夢とうたっているのですから、このストーリーは、ありでは?

P.N.「みちこ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-08-20

パリオペラ座と熊川さんは、このストーリーに納得しているのでしょうか?『夢』のためには何をしても許されるのか?努力は才能に敵わないのか?テーブルの上で靴で踊るのはOKなのか???映像の美しさ故に、内容のいい加減さにがっかりしました。

P.N.「王道。」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-19

絵、音楽、ストーリー全て素敵でした!

P.N.「みのり」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2017-08-15

これはもう最悪でした!嘘ばっかりです(笑)そんなたかがしれてる努力でパリの舞台になんか立てませんこれは子供の夢をさらに奪うお話ではありませんか!感動しないとはいえませんですが無理なものは無理と、いい加減気づいた方がいいと思います舞台で転んでるような人などプロで活躍できるわけがありません何が情熱ですか笑っちゃいますねホントバカバカしくては笑っちゃいますよ最悪すぎ!評価は0!

最終更新日:2018-06-01 16:00:04

広告を非表示にするには