映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ 作品情報

よぞらはいつでもさいこうみつどのあおいろだ

渋谷、新宿。二人は出会う。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのイメージ画像1
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのイメージ画像2

看護師として病院に勤務する美香は、女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。建設現場で日雇いとして働く慎二は、古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之や中年の岩下、出稼ぎフィリピン人のアンドレスと、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の解説

詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、現代の東京の片隅に生きる若い男女の、言葉にならない感情の震えを映像にすくい取り、優しく愛おしい、リアルで繊細な恋愛を描く。ヒロインの美香に抜擢されたのは新人・石橋静河。看護師をしながら夜はガールズバーで働き、しっかり地に足をつけた生活を送りながらも、不安と孤独と不機嫌を胸の奥に抱えている美香を全身で演じきる。そんな美香と出会う慎二に池松壮亮。工事現場で働きながら、社会に適応しきれない自分にもがく青年の姿を、稀有な存在感で演じる。監督は『川の底からこんにちは』『舟を編む』の石井裕也。(作品資料より)

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月27日
キャスト 監督・脚本石井裕也
原作最果タヒ
出演石橋静河 池松壮亮 佐藤玲 三浦貴大 ポール・マグサリン 市川実日子 松田龍平 田中哲司
配給 東京テアトル、リトルモア
制作国 日本(2017)
上映時間 107分
公式サイト http://www.yozora-movie.com/

(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-25 00:01:46

広告を非表示にするには