桃とキジ 作品情報

ももときじ

桃太郎シリーズ第一弾

桃とキジのイメージ画像1
桃とキジのイメージ画像2

保育園のお遊戯会で小島桃は同級生の男の子をお供に従え、見事に「桃太郎」を演じあげた。やがて演劇に目覚めた“桃”は女優を志し、18歳で岡山から上京。そこは厳しい世界だったが頑張ることが出来たのは“桃”の夢を応援してくれた父が居たからだった…。だが父は病死。芽が出ないまま、生活も苦しく、どこかで「自分には帰る家(故郷)がある」と思いながら桃は気付けば26歳に。そんなある日、母が一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知る。慌てて実家に戻ると、そこにはすっかり大人になった保育園の同級生でキジ役だった秋山洋介、サル役だった山口海人、イヌ役だった岸本成多らと再会するのだったが……。

「桃とキジ」の解説

「桃太郎」ゆかりの地・岡山を舞台に、素敵な人間たちが織り成す、みんなを笑顔にするハートフルストーリー。主人公の小島桃を演じるのは、本作品が映画初主演の櫻井綾。主人公の同級生役は、これからの日本映画を支える若手俳優の弥尋、木ノ本嶺浩、北村友彦。その他、「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる岡山県出身の甲本雅裕、そして手塚理美、ベンガルらベテラン陣が脇を固める。また、岡山県出身の桃瀬美咲、江西あきよし、千鳥・大悟らも出演。メガホンを取るのは「Life on the longboard」シリーズなどの喜多一郎監督。(作品資料より)

桃とキジのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月9日
キャスト 監督喜多一郎
出演櫻井綾 弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 千鳥・大悟 桃瀬美咲 江西あきよし ベンガル 甲本雅裕 手塚理美
配給 ベストブレーン
制作国 日本(2017)
上映時間 83分
公式サイト http://momotaro-kun.com/

ユーザーレビュー

総合評価:1.33点★☆☆☆☆、10件の投稿があります。

P.N.「岡山ポジティブ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-09-12

ただの石ころを石庭と目立つことができるのが日本人の美意識、盆栽もそう億かけて派手なことぶち上げてる映画とは違う何か作り手のメッセージを一生懸命くみ取る目でこの映画も見て欲しい。売れた人しか評価しない岡山県人気質でコメントしてる人達の心なさがやっぱり悲しい。そういうところ嫌で東京へ出て30年、帰るに帰れない在京岡山人には何かメッセージを感じる映画でした。


レビューを投稿する

「桃とキジ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-30 00:01:56

広告を非表示にするには