怪物はささやく 作品情報

かいぶつはささやく

12時7分、コナーの前に現れる怪物の正体は…

怪物はささやくのイメージ画像1

コナーのママは病気で伏せっている。ママに心配をかけないよう、一人でしっかり生活を送っているコナーだが、毎晩のように悪夢をむてしまう。そんなコナーの前に、何千年も生きているイチイの木の怪物が現れ「3つの物語を聞かせるから、お前が4つめを話せ」と言う。怪物が現れるのは決まって真夜中の12時7分だった。やがてママの病気が悪化し、コナーは苦手なおばあちゃんと暮らすことに。その夜、怪物が現れて1つめの物語を語り始める…。

「怪物はささやく」の解説

シヴォーン・ダウドの未完の遺作をパトリック・ネスが完成させた、ダークファンタジー「怪物はささやく」。この作品を『パンズ・ラビリンス』のプロデューサーと『インポッシブル』のJ・A・バヨナ監督が映画化した本作。ママの病気で不安定になっている少年の前に巨大な怪物が現れ、少年の前に真実を突きつける物語だ。リーアム・ニーソンが声とモーションキャプチャを担当する怪物は一見恐ろしいが、その造形には意外な真実が隠されている。劇中のアニメーションやコンセプト・アートも美しい。ルイス・マクドゥーガル演じる少年・コナーの葛藤する姿、娘の病気と孫との関係性に悩む祖母シガニー・ウィーバーの演技なども、見応えたっぷり。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月9日
キャスト 監督J・A・バヨナ
原作・脚本パトリック・ネス
出演ルイス・マクドゥーガル フェリシティ・ジョーンズ シガニー・ウィーバー リーアム・ニーソン
配給 ギャガ
制作国 アメリカ=スペイン(2016)
上映時間 109分
公式サイト http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

(C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SLU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「母と子を繋ぐストーリー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-07-15

まるで、男の子この精神的自立を促すようなストーリー。親子で鑑賞するには、オススメかな?少年の内に秘められ思い、それは母親には痛いほど理解できる。なぜならイチイの木の主と友達だから。ラストで母親が奇跡的に回復するかと思いきや…。やはり、子供の自立を促す作品として鑑賞して欲しい。


レビューを投稿する

「怪物はささやく」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-23 00:01:46

広告を非表示にするには