エンドレス・ポエトリー 作品情報

えんどれすぽえとりー

鬼才が自身の青春時代を描く壮大な叙事詩

エンドレス・ポエトリーのイメージ画像1
エンドレス・ポエトリーのイメージ画像2

ある日、アレハンドロは従兄に連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャとの邂逅によって、彼の詩的運命は、新たな世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」の解説

鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキー監督が、前作『リアリティのダンス』から3年、壮大な自叙伝の続編を完成させた。舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての恋や友情、アーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われた檻から解放され詩人としての自己を確立する。本作はフランス、チリ、日本の共同製作で、新作を望む世界中のファン約1万人からクラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、まさに待望の新作。撮影監督は手持ちカメラで知られるクリストファー・ドイル。自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描いた。

エンドレス・ポエトリーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月18日
キャスト 監督・脚本アレハンドロ・ホドロフスキー
出演アダン・ホドロフスキー パメラ・フローレス ブロンティス・ホドロフスキー レアンドロ・ターブ イェレミアス・ハースコヴィッツ
配給 アップリンク
制作国 フランス=チリ=日本(2016)
上映時間 128分
公式サイト http://www.uplink.co.jp/endless/

(C)Pascale Montandon-Jodorowsky

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「エンドレス・ポエトリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:03

広告を非表示にするには