追憶('17) 作品情報

ついおく

25年の時を経て、交錯する7人の想い

追憶('17)のイメージ画像1
追憶('17)のイメージ画像2

富山県捜査一課の四方篤は、富山湾を臨む漁港にいた。そこで刺殺体となって発見された男は、ともに少年時代を過ごした旧友だった─。1992年、能登半島。13歳の篤は、親に捨てられ似た境遇の田所啓太、川端悟とともに、喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子と山形光男を慕い、家族のような日々を送っていた。しかし、ある事件をきっかけに幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになってしまう。それから25年…。

「追憶('17)」の解説

幼少期をともに過ごした少年3人が25年の時を経て、ある殺人事件を捜査する刑事、容疑者、被害者という形で再会を果たし、心の奥底に封印してきた忌まわしい過去と対峙していく姿を描くヒューマンドラマ。『駅 STATION』『鉄道員』など、数々の名作を世に送り出してきた監督・降旗康男が、今や国民的俳優となった岡田准一をはじめ、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆といった豪華俳優陣を配し作りあげた。富山など北陸でロケを敢行した美しい景色は、数々の作品で降旗監督とタッグを組んできた木村大作カメラマンによるもの。立山連峰を望む街並み、能登半島に沈む夕陽など、風情豊かな北陸の風景は観る者の心を揺さぶる事だろう。

追憶('17)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月6日
キャスト 監督降旗康男
撮影木村大作
出演岡田准一 小栗旬 柄本佑 長澤まさみ 木村文乃 安藤サクラ 吉岡秀隆
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 99分
公式サイト http://tsuioku.jp/

(C)2017 映画「追憶」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-24

特筆すべきは安藤サクラのすごい存在感。後半台詞はないのに、海をバックに少しだけ柄本佑との夫婦共演もストーリーに花を添えた。安藤サクラがいなければ、成り立たなかった映画。そして海や夕陽の映像が美しく、木村大作ならではの印象深い作品となった。


レビューを投稿する

「追憶('17)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-03 00:11:41

広告を非表示にするには