僕とカミンスキーの旅 作品情報

ぼくとかみんすきーのたび

野心家と“伝説の画家”とのロードムービー

僕とカミンスキーの旅のイメージ画像1
僕とカミンスキーの旅のイメージ画像2

無名だが野心家の自称“経験豊富なジャーナリスト”のゼバスティアンは、“美術史上の伝説”と言われる天才画家カミンスキーへの突撃取材を試みていた。マティスの弟子であり、ピカソにも一目置かれた事があるカミンスキーは、1960年代のNYでは“盲目の画家”として時代の寵児になった事もあった。ひと山当てる事が目的のセバスティアンは、カミンスキーを自宅から連れ出し、彼が若い頃に愛した女性の元へ連れて行こうとする。

「僕とカミンスキーの旅」の解説

2003年の大ヒット作『グッバイ、レーニン!』の監督と主演のコンビによる12年ぶりの作品。『グッバイ、レーニン!』以降、ベッカー監督は長編の劇映画を撮っていなかったが、主演のブリュールはその間に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などハリウッドで活躍。冒頭、いかにカミンスキーが時代の寵児になったかのフェイクドキュメンタリーが面白い。また、本作は8つの章に分かれているが、その幕間に毎回絵画風の凝った映像が流れるなど遊び心に溢れている。主人公のゼバスティアンは自意識が高い自分本位の“嫌な奴”だが、話が進むにつれて本人が思っているほど器用な人間ではない事にも気づいていき、親近感がわくだろう。そして謎めいたカミンスキーにも、大きな魅力を感じるはず。

僕とカミンスキーの旅のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年4月29日
キャスト 監督・脚本ヴォルフガング・ベッカー
原作ダニエル・ケールマン
出演ダニエル・ブリュール イェスパー・クリステンセン ジェラルディン・チャップリン ドニ・ラヴァン アミラ・カサール
配給 ロングライド
制作国 ドイツ=ベルギー(2015)
年齢制限 R-15
上映時間 123分
公式サイト http://meandkaminski.com/

(c)2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「僕とカミンスキーの旅」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-29 00:02:56

広告を非表示にするには