ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。 作品情報

ままはにほんへよめにいっちゃだめというけれど

その恋はFacebookから始まった

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。のイメージ画像1
ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。のイメージ画像2

台湾に住む元気いっぱいの女の子リン。日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派なジャパオタ。日本を襲った震災の話で世界が揺れているとき、リンのFacebookに一通のメッセージが届いた。日本人青年からのメッセージだった。彼の名前は「モギ」。 モギは震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。友達申請を承諾したリンは、茂木とのFacebookでのやり取りが始まった。内容はたわいもない事や、日本の事、お互いの悩みや日々の出来事。そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせる二人。その時間はあっと言う間だったが、二人の距離はより一層縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、二人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えた。

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」の解説

Facebookで知り合った台湾人女子リンちゃんと、日本人男子モギさんが距離を縮め、ゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー。リンちゃんを演じるのは、テレビドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾人女優ジエン・マンシュー。モギさんを演じるのは『もうしません!』の中野裕太。監督は「拝啓、民泊様」で中野裕太とタッグを組んだ谷内田彰久。(作品資料より)

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月27日
キャスト 監督谷内田彰久
出演ジエン・マンシュー 中野裕太 ワン・サイファー 蛭子能収 リン・メイシュー 大谷主水 岡本孝 与座重理久
配給 朝日新聞、アティカス
制作国 日本(2016)
上映時間 94分
公式サイト http://mama-dame.com/

(C)”Mamadame” production committee

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-27 00:01:10

広告を非表示にするには