全員死刑 作品情報

ぜんいんしけい

死刑判決を下された親子4名の実話

全員死刑のイメージ画像1
全員死刑のイメージ画像2

莫大な借金を抱え、上納金にも困っている弱小ヤクザ一家の次男・タカノリが、2年間の刑務所暮らしを終え、出所してきた。小心者の親父・テツジとヒステリックな母・ナオミ、そして姑息な兄・サトシは相変わらず。このままでは一家心中だと、近所の資産家が貯め込んだ2000万円を強奪する計画を立てる。そんな事を知らずに彼女と愛し合うタカノリ。一方のサトシは金を独り占めするため、タカノリを使い両親に内緒で強盗を決行する。

「全員死刑」の解説

2004年に福岡県大牟田市で起こった事件─親子4名が、ある一家を金銭目的で殺害し死刑判決を下された強盗殺人死体遺棄事件(「大牟田一家4人殺害事件」)。その死刑囚として獄中にいる次男の手記を基にした「我が一家全員死刑」を原作に映画化。金銭トラブルを抱える家族が、近所の資産家の金を強奪しようと殺人に至るさまを映しながら、いまだその真相が解明されていない部分の創作を交えながら描く。監督は、本物の不良少年たちを起用して描いた『孤高の遠吠』で注目された若手新進気鋭の小林勇貴。本作が商業映画デビュー作。主人公=一家の次男タカノリを演じるのは、「お前はまだグンマを知らない」などの若手俳優、間宮祥太朗。

全員死刑のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月18日
キャスト 監督・脚本小林勇貴
出演間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子 清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき
配給 日活、東京テアトル
制作国 日本(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 98分
公式サイト http://shikei-family.jp/

(C)2017「全員死刑」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「全員死刑」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:02

広告を非表示にするには