パトリオット・デイ 作品情報

ぱとりおっとでい

ボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を描く

パトリオット・デイのイメージ画像1
パトリオット・デイのイメージ画像2

2013年4月15日。殺人課の刑事トミーは、朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リックが現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて、監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。

「パトリオット・デイ」の解説

2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の、犯人特定から逮捕までの驚くべき事件の裏側を描く。9.11同時多発テロ以降の大規模なテロ事件にアメリカは震撼し、爆発した瞬間の映像はまたたく間に世界中に配信された。しかしその後わずか4日間で容疑者を特定、逮捕するという劇的な展開は世界を驚嘆させた。本作では、メディアが伝えていない驚くべき102時間の真実を描く。主演は『ディパーテッド』『ザ・ファイター』のマーク・ウォールバーグ。監督のピーター・バーグとは、『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続き3度目のタッグとなる。(作品資料より)

パトリオット・デイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月9日
キャスト 監督ピーター・バーグ
出演マーク・ウォールバーグ ケヴィン・ベーコン ジョン・グッドマン J・K・シモンズ ミシェル・モナハン
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 133分
公式サイト http://www.patriotsday.jp/

(c)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「パトリオット・デイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-20 23:32:51

広告を非表示にするには