ひるなかの流星 作品情報

ひるなかのりゅうせい

“初恋”のすべてが詰まったラブストーリー

ひるなかの流星のイメージ画像1
ひるなかの流星のイメージ画像2

田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく。「わたし、先生のことが好きです」。すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。そんな中、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。

「ひるなかの流星」の解説

“初恋のバイブル”として絶大な人気を誇る、やまもり三香の人気コミックを実写映画化。主人公の与謝野すずめを演じるのは、ドラマ、映画、CMなど話題作への出演が相次ぐ永野芽郁。そしてティーンからの絶大な人気を誇る三浦翔平と白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、担任教師とクラスメイトとして、すずめを交えて“かつてないピュアな三角関係”を繰り広げる。監督は『潔く柔く』『四月は君の嘘』で青春恋愛映画の新たなスタンダードを創り上げた新城毅彦。(作品資料より)

ひるなかの流星のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年3月24日
キャスト 監督新城毅彦
原作やまもり三香
出演永野芽郁 三浦翔平 白濱亜嵐 山本舞香
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 119分
公式サイト http://hirunaka.jp/

(C)2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (C)やまもり三香/集英社

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、12件の投稿があります。

P.N.「永野芽郁」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-23

私は、友達となんとなく見にいって見ました。永野芽郁ちゃんの演技が可愛すぎたし、獅子尾先生と馬村の関係がすごくリアルで、よかったです


レビューを投稿する

「ひるなかの流星」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-03 14:24:13

広告を非表示にするには