猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 感想・レビュー 3件

さるのわくせいぐれーとうぉー

総合評価3点、「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2017-10-18

猿を主人公にして描けるストーリーは、前作までで描ききってしまった感がある。今回は特に、猿の動作が自然なため、人間としては、絵的に猿サイドに感情移入しづらい。「人が言葉を失う恐怖」は強く感じ取れるけど。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-15

【IMAX(2D字幕)版】を見る。観客の大半は、虐げられている【猿】の応戦サポーターの立場で見ているに違いないと思った。だって、シーザーとコーネリアスがハグするシーンで不覚にも涙がこぼれちゃいましたから(笑)で、この後あの1968年製作の傑作SF映画『猿の惑星』に繋がって行くわけですね。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-10-14

人間とエイプ(猿)の戦いの本筋から今作はちょっとズレていて、混乱します。寧ろ悪役の人間が「え?もしかしてイイ人!?」なーんて思えるフシもあり。 途中ででてくる人間(敵方の狙撃手、同行する女の子)の伏線が回収されてないような気も…。3部作最終となりましたが、人間側の未来はどうなるんでしょうか、非常に心配です。

最終更新日:2017-11-21 00:01:02

広告を非表示にするには