ムーンライト 作品情報

むーんらいと

多くの傷を負いながらも強く生きる少年を描く感動作

ムーンライトのイメージ画像1
ムーンライトのイメージ画像2

学校では“チビ”というあだ名でいじめられ、麻薬常習者の母親のポーラからは育児放棄をされているシャロンは、マイアミの貧困地域で暮らしている内気な性格の男の子。生活の中で行き場を失ったシャロンだったが、彼にとっての唯一の救いは、自分の親代わりになってくれる、近所に住む麻薬のディーラーの男ホアンとその妻、そしてたった一人の男友達のケビンだった。そんな日々の中、シャロンは、ケビンに惹かれている自分に気づく。しかし、このコミュニティでは、この感情は受け入れてもらえないと、幼いながらも勘づいていたシャロンは、誰にも、もちろんケビンに対してもそのことを伝えられずにいた。そんな時、ある事件が起きて…。

「ムーンライト」の解説

マイアミを舞台に、自分の居場所とアイデンティティを探す少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、大人になるまでと、3つの時代構成で描く。エグゼクティブプロデューサーをブラッド・ピットが務め、麻薬常習者の母親を「007」シリーズのナオミ・ハリス、主人公の少年の面倒を見る麻薬ディーラーをドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などに出演するマハーシャラ・アリらが演じる。(作品資料より)

ムーンライトのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年3月31日
キャスト 監督・脚本バリー・ジェンキンス
出演トレバンテ・ローズ アッシュトン・サンダース アレックス・ヒバート マハーシャラ・アリ ナオミ・ハリス アンドレ・ホーランド
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ(2016)
年齢制限 R-15
上映時間 111分
公式サイト http://moonlight-movie.jp/

(C)2016 Dos Hermanas, LLC. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「引き算の美学~創造の海そして愛~」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-16

カメラワーク、音響、演出が、さりげなく、過度にならずに、自然に、かといって、手を抜いているわけではないが、不必要に見せずに、観客のイマジネーションを書き立てる引き算の美学が構築されている作品。ムーン・ライト創造の海に戯れる時、月の光は、青く身を照らして、愛、それは、ブルー。スクリーンのその中にあるのは、すべてを超えた…、ただ、愛がある。ムーン・ライト(愛の光り青く)


レビューを投稿する

「ムーンライト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-21 00:01:05

広告を非表示にするには