恋妻家宮本 作品情報

こいさいかみやもと

結婚27年目に目にした、思いがけない離婚届

恋妻家宮本のイメージ画像1
恋妻家宮本のイメージ画像2

宮本陽平・美代子は、結婚して27年。息子・正も結婚して福島へ引っ越し、初めて夫婦水入らずの生活を始める事に。しかし、初めての二人きりの夜、陽平は本棚から美代子の署名捺印の入った離婚届を見つけてしまう。何も心当たりがない陽平は、オロオロするばかり。勤務先の中学校でも生徒の問題をうまく助けられず、「先生って教師に向いてない」とキツい言葉を投げられる。悩んだ陽平は、勢いで美代子に離婚届の事を問い質すが…。

「恋妻家宮本」の解説

「家政婦のミタ」などの脚本家として知られる遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を原作に、子どもが巣立って二人きりになった50代の“エンプティ・ネスト”夫婦が、改めて夫婦になっていく姿を描く。主人公の宮本陽平・美代子夫婦を演じるのは阿部寛と天海祐希。ちょっと冴えない夫と、夫を支えるしっかりものの妻というどこにでもいるような夫婦の姿を、やさしくユーモラスに演じている。主人公夫婦のほかにも、喧嘩の絶えない40代夫婦、新婚の20代夫婦、30歳を目前にした結婚前の不安定な女性、夫と死別し嫁に辛く当たる70代女性などが登場し、結婚のさまざまな段階を見せてくれる。

恋妻家宮本のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年1月28日
キャスト 監督遊川和彦
原作重松清
出演阿部寛 天海祐希 菅野美穂 相武紗季 工藤阿須加 早見あかり 奥貫薫 佐藤二朗 富司純子
配給 東宝
制作国 日本(2016)
上映時間 117分
公式サイト http://www.koisaika.jp/

(C)2017 「恋妻家宮本」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「よしくん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-02-23

かなり良かったと思います。自分のことに置き換え、共感を得るものがありました。あまり人気がなさげなのは何故?と思いました。


レビューを投稿する

「恋妻家宮本」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-15 00:01:07

広告を非表示にするには