猫が変じて虎になる 作品情報

ねこがへんじてとらになる

春原政久が監督した喜劇もの

ニコニコ生命保険の外交員久六は正直者だが、大酒飲みが玉にキズ。その酒が原因で会社に大損をさせ、禁酒を誓った彼は部長から寿市に出張を命じられた。列車内で、久六は殺し屋スタイルの半次、ちょいとイカスグラマー女医葉子と知り合った。寿市に着くと、驚いたことには無数の老人が地酒「寿誉」を飲んでご機嫌。「寿誉」は不老長寿の銘酒で死ぬ者が一人もないため、寿市が老人の町になったというわけだ。久六は勧誘にまわるが、死ぬ心配がないから誰も保険に興味がない。久六は夜の宿でパッタリ半次と会った。

「猫が変じて虎になる」の解説

「カミナリお転婆娘」の若井基成と中川一が共同で脚本を執筆。「カミナリお転婆娘」の春原政久が監督した喜劇もの。撮影は「百万弗を叩き出せ」の峰重義。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督春原政久
出演小沢昭一 長門裕之 由利徹 南寿美子
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「猫が変じて虎になる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-24 00:02:23

広告を非表示にするには