娘よ 作品情報

むすめよ

母娘の逃避行を、大自然をバックに活写

娘よのイメージ画像1
娘よのイメージ画像2

パキスタンの山岳地帯には多くの部族が存在し、絶え間なく衝突を繰り返していた。紛争を収めるため部族長ドーレットは、相手方の族長トールに友好関係の回復を申し出る。すると、その条件としてドーレットの娘ゼナブを自分の嫁に出すよう要求する。ゼナブはまだ10歳。妻のアッララキは、恐れていた事態が現実となった事を知り、娘を守るため脱出を試みる。掟を破り、家族に不名誉をもたらした者には、死が待ち受けているのだ…。

「娘よ」の解説

娘を守るため、部族の鉄の掟に背き緊迫の逃避行を続ける─。追う者と追われる者のスリリングなサスペンスドラマが、カラコルム山脈の息を呑む絶景を背景に繰り広げられる。監督・脚本・プロデュースの三役をこなしたのは本作が監督デビューとなるアフィア・ナサニエル。不条理な人間ドラマをきめ細やかな演出で見せつつ、緊迫のチェイス・シーンを大胆な描写で描き出している。本作は、日本で公開される初めてのパキスタン映画。海外ではすでに高い評価を得ており、第87回アカデミー賞外国映画賞にパキスタン代表作として選出された。パキスタンとインド、中国との国境付近には多くの山岳部族が存在して、絶え間なく衝突と融和を繰り返しているという知られざる現状も興味深い。

娘よのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年3月25日
キャスト 監督・脚本アフィア・ナサニエル
出演サミア・ムムターズ サレア・アーレフ モヒブ・ミルザ
配給 パンドラ
制作国 パキスタン=アメリカ=ノルウェー(2014)
上映時間 93分
公式サイト http://www.musumeyo.com/

(C)Dukhtar Productions LLC.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-24

部族間の和解策として考えらた結婚を強いる掟。10歳の娘への想いは母子の逃避行へ!!悲劇に向かって展開する物語は恰もギリシャ悲劇の様だ。鮮やかな民族や祭のシーンも一際華やかだが…。インドのサタジット・レイ監督やギリシャのテオ・アンゲロプロス監督張りの堂々とした風格と格調が感じられる♪


レビューを投稿する

「娘よ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-27 00:01:33

広告を非表示にするには