フィッシュマンの涙 作品情報

ふぃっしゅまんのなみだ

ボクは悪魔か英雄か?それとも食糧?

フィッシュマンの涙のイメージ画像1

とある無職の若者が、収入を得るため製薬会社の新薬治験に参加すると、原因不明の副作用のせいで魚男に変身してしまう。事件はあっと言う間にメディアのトップニュースとなり、若者は一躍脚光を浴びて時代の寵児となる。しかし、その栄光は長くは続かない。父親、恋人、人権派弁護士、そしてスクープ狙いのTVレポーターのそれぞれの事情と思惑が交錯しながら、彼らは魚男を生み出した製薬会社に闘いを挑んでいく。

「フィッシュマンの涙」の解説

2013年カンヌ国際映画祭短編部門でパルムドールを受賞した新進気鋭の監督クォン・オグァンが監督・脚本を務める新たなモンスタームービー。『オアシス』『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドンがその脚本に惚れ込み、プロデューサーとして参加。各国の映画祭で賛否両論の渦を巻き起こした、可笑しくて、ユニークで、切ない話題作。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年12月17日
キャスト 監督・脚本クォン・オグァン
出演イ・グァンス イ・チョニ パク・ボヨン
配給 シンカ
制作国 韓国(2015)
上映時間 92分
公式サイト http://fishman-movie.jp/

(C)2015 CJ E&M, WOO SANG FILM

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「フィッシュマンの涙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-20 00:01:19

広告を非表示にするには