八重子のハミング 作品情報

やえこのはみんぐ

アルツハイマーの妻に寄り添う夫の12年間

八重子のハミングのイメージ画像1
八重子のハミングのイメージ画像2

山口県のホールでの講演会で、石崎誠吾は、およそ12年にわたる最愛の妻・八重子の介護体験について語る。教員時代に巡り会い結婚した頃の事、八重子の好きだった歌の事、アルツハイマーを発症してからの事。はじめはいろいろな事を忘れていく彼女に戸惑い、辛い思いもしたが、彼は妻がゆっくりと時間をかけて別れを言おうとしているのだと悟る。音楽教師だった八重子は、大好きな歌を口ずさめば、笑顔を取り戻す事もあった。

「八重子のハミング」の解説

『半落ち』『陽はまた昇る』などの名匠・佐々部清が監督を務め、自身もガンと闘病しながら、若年性アルツハイマーを発症した妻を介護した陽信孝の原作を基に描く人間ドラマ。介護に四苦八苦しながらも、八重子との時間を愛おしむ家族たちと、妻に寄り添い続ける誠吾の12年にもわたる日々がゆったりと綴られる。原作は山口県萩市在住の陽信孝が自身の体験をつづった同名の著書。撮影も原作に沿い、また佐々部監督の故郷である山口県で撮影された。数々のテレビドラマや舞台で活躍するベテラン俳優・升毅が、本作で長編映画初主演。『パイレーツによろしく』などの高橋洋子が妻役を好演している。夫婦の強い絆と深い愛情に、号泣必至の感動作。

八重子のハミングのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月6日
キャスト 監督佐々部清
出演升毅 高橋洋子 梅沢富美男 文音 中村優一 二宮慶多 安倍萌生 辻伊吹 朝加真由美 月影瞳 井上順
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2016)
上映時間 112分
公式サイト http://yaeko-humming.jp/

(C)Team『八重子のハミング』

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ゆらぎ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-05-19

高橋さんの迫真の演技、役者魂を感じます。しかしストーリーは美談に仕上げられていて違和感を覚えます。もっと怒り、愛情の裏返しの憎しみと言った感情の描写も欲しかったと思います。私も介護経験者ですが、優しさだけで介護は語れません。


レビューを投稿する

「八重子のハミング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-23 00:01:46

広告を非表示にするには