サラエヴォの銃声 作品情報

さらえう゛ぉのじゅうせい

ホテルを舞台に現在の欧州の問題を描く

サラエヴォの銃声のイメージ画像1
サラエヴォの銃声のイメージ画像2

第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。その記念式典に出席するためにホテルにVIPが到着し、支配人が出迎える。一方、ホテルの屋上では、戦争と暗殺者プリンツィプについてジャーナリストがインタビューをしていた。ホテルの裏側では、従業員がストライキを計画している。VIPは部屋に閉じこもり、演説の練習に余念がない。屋上では、今度は暗殺者と同じ名前の男がインタビューに応じていた…。

「サラエヴォの銃声」の解説

長編監督デビュー作『ノーマンズ・ランド』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した、名匠ダニス・タノヴィッチ。今回は故郷ボスニアの首都サラエヴォに戻り、100年前のサラエヴォ事件、そして20年前に起きたボスニア内戦の問題をクロスさせながら、平和の裏に今も続く民族間の緊張を描く。同じ国に住みながら、近親憎悪にも近い憎しみを抱くボシュニャク人、セルビア人、クロアチア人。人々はなぜ愚かな行為を繰り返すのか。「ヨーロッパ」という名のホテルで、映画内時間と実際の時間をシンクロさせた緊張の85分間。物語は社会問題とサスペンスを積み重ねて、再び一発の銃声へと向かっていく。第66回ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞したのは、これが今も解決ができない問題だからだろう。

サラエヴォの銃声のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年3月25日
キャスト 監督・脚本ダニス・タノヴィッチ
原案ベルナール=アンリ・レヴィ
出演スネジャナ・ヴィドヴィッチ イズディン・バイロヴィッチ ヴェドラナ・セクサン ムハメド・ハジョヴィッチ
配給 ビターズ・エンド
制作国 フランス=ボスニア・ヘルツェゴビナ(2016)
上映時間 85分
公式サイト http://www.bitters.co.jp/tanovic/

(C)Margo Cinema, SCCA/pro.ba 2016

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「サラエヴォの銃声」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-30 23:32:56

広告を非表示にするには