太陽の下で-真実の北朝鮮- 作品情報

たいようのしたでしんじつのきたちょうせん

北朝鮮の“庶民の日常生活”の裏側を暴く

太陽の下で-真実の北朝鮮-のイメージ画像1
太陽の下で-真実の北朝鮮-のイメージ画像2

北朝鮮のピョンヤンで、模範労働者の両親と一緒に暮らす8歳のリ・ジンミちゃんは、故・金日成主席の生誕記念「太陽節」でお披露目する舞踊の練習に集中している。栄えあるイベントで舞台に立つ娘を持つ両親は、周囲から称賛を浴びる。だが、ドキュメンタリーとは名ばかりで、一家は北朝鮮が用意した監督の指示で繰り返し演技をさせられていた。北朝鮮サイドの監督は、撮影中一家に何度もダメ出しを繰り返す…。

「太陽の下で-真実の北朝鮮-」の解説

北朝鮮政府が演出した“庶民の日常生活”の裏側を暴いたドキュメンタリー映画。監督と脚本を手掛けるのは、『ダライ・ラマ:サンライズ/サンセット』などのロシア人監督、ヴィタリー・マンスキー。北朝鮮政府から撮影許可を得るまで二年、ピョンヤンの一般家庭での密着撮影に丸一年、その間、北朝鮮当局より厳しい監視の元、台本は何度も修正されフィルムも検閲を受けるという苦労の果てに完成させた本作は、非常にユニーク。ロシアの撮影班は録画スイッチをオンにしたままカメラを放置し、隠し撮りを敢行。そこに記録されたのは、独裁国家で生活する人々の真実の姿なのだ。何もかもが国家によって管理されている“この国”に、驚かされる事必至。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年1月21日
キャスト 監督・脚本ヴィタリー・マンスキー
出演リ・ジンミ
配給 ハーク
制作国 チェコ=ロシア=ドイツ=ラトビア=北朝鮮(2015)
上映時間 110分
公式サイト http://taiyouno-shitade.com/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-20

よく撮影でき、公開されたと思う。それにしても無機質な人間たちの姿をここまで見せられようとは…。子供たちが何かにつけ将軍様のことを挙げ奉る場面で、いま大阪で問題となっている某学園系列幼稚園の運動会での(園児たちの)選手宣誓のシーンが重なってきた。言わされている感が半端ない。まだこの国ではそれを公然と批判できるが、あの国では…本当に怖い。映画としては大変面白く拝見させてもらいました。


レビューを投稿する

「太陽の下で-真実の北朝鮮-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-31 00:02:38

広告を非表示にするには