暗黒女子 作品情報

あんこくじょし

彼女の死の真相は、恐怖の闇鍋会で明らかに

暗黒女子のイメージ画像1
暗黒女子のイメージ画像2

深窓の令嬢たちが通う聖母マリア女子高等学院。この学院の文学サークルの、定例闇鍋朗読会が始まった。暗闇の中で闇鍋を食べながら、メンバーたちが書いた小説を発表するのだ。今回のテーマは“白石いつみの死”。学院の経営者の娘でこのサークルの創設者であるいつみは、校舎の屋上から落下し、謎の死を遂げたのだ。三年生の澄川小百合が司会を務め、サークルのメンバーらはそれぞれの視点で描いた“いつみの死”の小説を発表していく…。

「暗黒女子」の解説

お嬢様ばかりが通う高校で、一人の少女の死をめぐり、彼女の周囲にいた少女たちが描いた小説を映像で見せるミステリー。秋吉理香子の同名原作は、いわゆる“イヤミス”として知られる読後にイヤな気持ちになってしまうミステリー小説だ。本作も、鑑賞後にどうにもいやーな感じが残る。眉目秀麗、成績優秀、学院の経営者の娘という、名実ともに学院一の憧れの的、白石いつみがなぜ死んだのか、誰が殺したのか…。白石いつみを慕う少女たちが、感受性の強い10代ならではの観察眼を駆使し、いつみの死を小説化していく。白石いつみを演じる飯豊まりえのほか、清水富美加、平祐奈、玉城ティナら旬の女優が顔を揃えている。監督は『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』の耶雲哉治。

暗黒女子のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年4月1日
キャスト 監督耶雲哉治
原作秋吉理香子
出演清水富美加 飯豊まりえ 清野菜名 玉城ティナ 小島梨里杏 平祐奈
配給 東映、ショウゲート
制作国 日本(2017)
上映時間 105分
公式サイト http://ankoku-movie.jp/

(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「てつ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-03

ラスト24分は、どんでん返しのさらに上を行くどんでん返しがあり面白かった反面、女性って怖いと思った映画でした。


レビューを投稿する

「暗黒女子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-20 00:01:19

広告を非表示にするには