国選弁護人 ユン・ジンウォン 作品情報

こくせんべんごにんゆんじんうぉん

求めたのはただ“真実”のみ

再開発地区の強制撤去現場で暴動が起き、警官が一名死亡。現場に立てこもりを続けていた住民の一人パク・ジェホが犯人として逮捕される。ジェホの息子もまた現場で命を落としており、彼は「息子は警官に殺された。自分は息子を守ろうとしただけだ。」と主張するが、その言葉に耳を貸す者はいなかった。国選弁護人として事件の担当を依頼されたのは、コネも学歴もなく大きな訴訟の経験も乏しい三流弁護士ユン・ジンウォン。彼も初めはジェホの言葉を疑っていたが、事件の概要を調べるとすぐ捜査記録には幾つかのおかしな点があることに気づく。国家事業レベルの再開発現場で起きたあまりに不自然な出来事に、ジンウォンの眠っていた功名心とわずかな正義感が動き始める。

「国選弁護人 ユン・ジンウォン」の解説

実話をもとに描く衝撃の法廷サスペンス。主役のユン・ジンウォンを演じるのは、『プンサンケ』や「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」など、映画・ドラマと幅広く活躍するユン・ゲサン。本作では、ただ真実のみを求め、国家権力と闘う国選弁護人を熱演している。ユン・ゲサンと共に闘う先輩弁護士を演じるのは『ベテラン』『王の男』のユ・ヘジン。更に『渇き』でヒロインを演じたキム・オクビン、名優イ・ギョンヨンら実力派キャストが脇を固める。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年10月1日
キャスト 監督キム・ソンジェ
出演ユン・ゲサン ユ・ヘジン キム・オクビン イ・ギョンヨン
配給 クロックワークス
制作国 韓国(2015)
上映時間 126分

(C)2015 CINEMASERVICE All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「国選弁護人 ユン・ジンウォン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-29 00:02:45

広告を非表示にするには