彼らが本気で編むときは、 感想・レビュー 2件

かれらがほんきであむときは

総合評価4点、「彼らが本気で編むときは、」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-03-11

編み物に込めた気持ちを思うと、グッときます。子供って、どんなに酷い親でも、恋しく思っている事を この映画で感じられ、子役の演技に泣かされました。血が繋がっていなくても、一緒に生活すると愛情は芽生える…そういうところに絆されました。トランスジェンダーの人たちの 悩みが少しだけ分かった気がします。

P.N.「りこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-02

大きな手の女性に見えました。日常を描いているからこそ、性同一性障害である以上性器のコトは外せず、でも毛糸という柔らかさでリアルを包んでいた。植え付けられている恥ずかしいものの概念を和らげ、映画に入り込めた。家族愛、人の思いを感じられた。とても良い脚本で、本当に感動し、日々を振り返りました。皆さんに愛される映画になりますよいに、願っています。

最終更新日:2017-05-27 00:01:10

広告を非表示にするには