怒り 作品情報

いかり

『悪人』の原作×監督タッグ、再び

怒りのイメージ画像1
怒りのイメージ画像2

ある夏の暑い日、東京・八王子で残忍な夫婦殺人事件が発生。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡、その行方は分からなかった。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、愛子と田代は急速に接近していく。東京で大手企業に勤める優馬は、新宿で直人という青年と知り合う。親の事情で沖縄の離島に転校してきた女子高生の泉は、無人島で田中という男と遭遇する。

「怒り」の解説

芥川賞作家・吉田修一の原作を映画化した『悪人』で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作を映画化した群像ミステリー。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れた事から巻き起こるドラマ。「物語の登場人物には、映画『オーシャンズ11』のようなオールスターキャストを配してほしい」という原作者からのリクエストに応え、名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが大集合。さらに、日本が世界に誇るミュージシャン、坂本龍一が音楽を担当しているのも大きな話題。

怒りのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年9月17日
キャスト 監督・脚本李相日
原作吉田修一
出演渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 佐久本宝 ピエール瀧 三浦貴大 高畑充希 原日出子 池脇千鶴 宮崎あおい 妻夫木聡
配給 東宝
制作国 日本(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 142分
公式サイト http://www.ikari-movie.com/

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.56点★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「ある」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-10-26

私は好き。というか見応えのある映画でした。キャストの演技が本当良い。音を使った場面転換が多くアクションないのに飽きない2時間でした。ただ元の動機があれって殺人者はやっぱ頭おかしい奴だと共感できず残念。後味は良くないけど、残った人に全く救いがない訳でもなかったので、見て良かった。


レビューを投稿する

「怒り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-26 00:02:45

広告を非表示にするには