香港の夜 作品情報

ほんこんのよる

葉泰樹が監督したメロドラマ

海外特派記者の田中弘は、香港の九竜飛行場へ四十八時間の滞在ビザをもって降り立った。迎えにきていた同僚石河の案内で訪れたダンスホールで、日本語を話す中国の女謝玉蘭を知った。だが、弘は旅の疲れから倒れ、玉蘭の室のベッドへ臥した。玉蘭と同じアパートに庄む呉麗紅が看病してくれた。彼女の母は日本人で、戦争中日本へ逃れたまま行方が知れなかった。翌夜、二人は小舟で月の光のさす海をどこまでもさまよった。羽田に着いた弘を、スポーツカーに乗った幼なじみの恵子が迎えた。弘は、父母の墓まいりと兄の吾郎にあうため、雲仙におもむいた。恵子も妹の明子を伴って追ってきた。石河が怪我をしたという電報が入り、弘は再び香港へ飛んだ。

「香港の夜」の解説

香港のキャセイ・オーガニゼーションと提携になるメロドラマで、「妻として女として」の共同執筆者・井手俊郎の脚本を、「銀座の恋人たち」の千葉泰樹が監督した。撮影は「福の神サザエさん一家」の西垣六郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演宝田明 司葉子
出演・出演尤敏
出演草笛光子 王引
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「香港の夜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-14 00:02:25

広告を非表示にするには