ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years 作品情報

ざびーとるずえいとでいずあうぃーく

驚異的な初期のキャリアを描く公式作品

ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Yearsのイメージ画像1
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Yearsのイメージ画像2

イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15カ国90都市で166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた“ビートルマニア”と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった……。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」の解説

ザ・ビートルズの1963~66年のツアーの様子、世界の賞賛を得たバンドのキャリアの第一期を描くアップル公式作品。リバプールのキャバーン・クラブ時代の初期の時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描く。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり、この並外れた現象である“ザ・ビートルズ”になっていったかを探る。どのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、そして彼ら全体のキャリアを構築したのか。それと同時に、ザ・ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探る。監督は『ビューティフル・マインド』でオスカーを獲得したロン・ハワード。(作品資料より)

ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Yearsのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年9月22日
キャスト 監督ロン・ハワード
出演ザ・ビートルズ
配給 KADOKAWA
制作国 イギリス(2016)

(C)Apple Corps Ltd.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「Kikki」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-10-27

宝石のような映画に圧巻!何度でも見たいと思うでしょう。フィルムの中の四人は永遠のアイドルで王子様。そして、ビートルズの音楽と過ごした時代を幸せと感じるはずです。心のビジューにshoutしよう!


レビューを投稿する

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-23 00:02:28

広告を非表示にするには