きみがくれた物語 作品情報

きみがくれたものがたり

愛を貫くための、人生最大の[選択]とは?

きみがくれた物語のイメージ画像1

とある病院で眠り続けるギャビーは、交通事故によって3ヶ月も昏睡状態に陥っている。夫のトラヴィスはそんな彼女のもとに定期的に通って、物語を読み聞かせてやっている。語られるのは、アメリカ南部の小さな町で生まれた2人のきらめくような恋物語。「きみと出会う前にほんとうに愛した人は誰もいない」「あなたを失うのが怖い」と求め合った当時の熱い日々が、彼から彼女へと伝えられていく。しかし、トラヴィスは思い出を振り払おうとしていた。彼には人生でもっとも重い、究極の選択が求められていたのだ…。

「きみがくれた物語」の解説

誰の心の中にもあるあの頃の鮮烈な恋と、それが持ちうる奇跡のような力。そして、“真実の愛とは何か”を解く。原作は「きみに読む物語」のニコラス・スパークスのベストセラー小説。トラヴィス役を演じるのは『リンカーン/秘密の書』で主演し注目を浴びたベンジャミン・ウォーカー。トラヴィスの恋人で後に妻となるギャビー役を『明日、君がいない』『ウォーム・ボディーズ』のテリーサ・パーマー。監督を務めるのは『ロスト・イン・トランスレーション』『イン・ザ・ベッドルーム』のロス・カッツ。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年8月13日
キャスト 監督ロス・カッツ
原作ニコラス・スパークス
出演ベンジャミン・ウォーカー テリーサ・パーマー マギー・グレイス アレクサンドラ・ダダリオ トム・ウィルキンソン トム・ウェリング
配給 AMGエンタテインメント
制作国 アメリカ(2016)
上映時間 111分

(C)2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「きみがくれた物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-21 00:02:09

広告を非表示にするには