グランドフィナーレ 作品情報

ぐらんどふぃなーれ

人生のすべてをかけた音楽が今蘇る

グランドフィナーレのイメージ画像1

高名な作曲家で指揮者のフレッドも今や80歳。スイスの高級リゾートで優雅に余生を送っている。ハリウッドのスター俳優ジミーや、親友の映画監督ミックも滞在中だ。若いスタッフを集め、最後の一本となる新作の脚本作りに邁進するミック。一方、フレッドは英国女王から代表曲「シンプル・ソング」の演奏を再三依頼されても、頑なに拒み続けていた。この曲にはマネージャーでもある娘レナも知らない秘密があった…。

「グランドフィナーレ」の解説

誰にも訪れる終焉の時。残された時間について思いを巡らせれば、細胞の隅々にまで浸透した音楽への情熱がふつふつと再燃する。2度のアカデミー賞に輝く名優マイケル・ケインが見事に演じる主人公の人生は、美しい「シンプル・ソング」に集約される。『グレート・ビューティ/追憶のローマ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した監督パオロ・ソレンティーノの映画と音楽への並々ならぬ情熱の結実ともいえる本作。お馴染みの名撮影監督ルカ・ビガッツィのカメラワークも冴えわたる。キャストには英米を代表するトップクラスの俳優陣を揃えたが、中でも自身を彷彿とさせる大女優に扮したジェーン・フォンダが圧巻の名演。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年4月16日
キャスト 監督・脚本パオロ・ソレンティーノ
出演マイケル・ケイン ハーヴェイ・カイテル レイチェル・ワイズ ポール・ダノ ジェーン・フォンダ
配給 ギャガ
制作国 イタリア=フランス=スイス=イギリス(2015)
年齢制限 R-15
上映時間 124分

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-14

本編はパオロ・ソレンテーノ監督の映画論でも在り、フェデリコ・フェリーニ監督の名作〈8 1/2〉を連想させる構成何だね。カール・マルクスの刺青をしたマッチョな男が息切れしたり、ボールを巧みに操ったり、赤い着物の禅僧が瞑想していたり…と色々な人間が出て来る。何だかんだ、それはもう謎も多いけど、自然の声に素直に傾聴すれば老いと云う時間の流れは止まって、記憶は若きシンプルsongへ還って行く??映画を巻き戻す様にー??


レビューを投稿する

「グランドフィナーレ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-19 16:00:08

広告を非表示にするには