64-ロクヨン-後編 作品情報

ろくよんこうへん

横山秀夫の傑作警察小説を映画化

64-ロクヨン-後編のイメージ画像1
64-ロクヨン-後編のイメージ画像2

雨宮の態度を疑問に思った三上は、ロクヨン事件の捜査関係者らのもとを訪ねる。そこで驚愕の事実を知る。また、三上の同期である二渡は、三上に“幸田メモ”なるものの存在を明かし、ロクヨン事件当時の刑事部の、とある隠蔽疑惑をちらつかせる。そこから三上は真相にたどり着こうとするものの、刑事部と警務部の間で板挟みとなり、身動きが取れずにいた。そんな最中、ロクヨン事件の模倣事件と思われる誘拐身代金事件が発生する。

「64-ロクヨン-後編」の解説

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。未解決のまま14年の時が流れた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」をかつて現場で担当、現在は警務部の広報官として働く主人公を、佐藤浩市が熱演している。警察署内の刑事部と警務部の対立や記者クラブとの確執など、横山秀夫ならではの臨場感を見事に映像化。インディーズ映画からメジャー大作まで、さまざまなジャンルの作品をコンスタントに手掛ける職人監督、瀬々敬久の手腕が冴える。

64-ロクヨン-後編のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年6月11日
キャスト 監督瀬々敬久
原作横山秀夫
出演佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 窪田正孝 坂口健太郎 椎名桔平 滝藤賢一 奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆 瑛太 永瀬正敏 三浦友和
配給 東宝
制作国 日本(2016)
上映時間 119分

(C)2016映画「64」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:2.4点★★☆☆☆、10件の投稿があります。

P.N.「偏差値低め」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-05-06

期待値が高かっただけにがっかり。記者クラブの嫌らしさは度が過ぎている感じがした。記者クラブが出てくる度に終始不愉快。それのせいで内容が頭から抜けてくレベルで不愉快。あのくだりいる?俳優さん好きじゃなくなっちゃったよ。見なきゃ良かった。


レビューを投稿する

「64-ロクヨン-後編」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:23

広告を非表示にするには