シン・ゴジラ 作品情報

しんごじら

ニッポン対ゴジラ。

シン・ゴジラのイメージ画像1
シン・ゴジラのイメージ画像2

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹をはじめ、周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は鎌倉に上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。さらに米国国務省からは、女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンが派遣されるなど、未曽有の脅威に対し、日本のみならず世界もその行方を注視し始める。そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。

「シン・ゴジラ」の解説

『ゴジラ FINAL WARS』以来、約12年ぶりの日本製作のゴジラシリーズ第29作。総監督・脚本は『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明。監督・特技監督を平成ガメラシリーズの樋口真嗣が務める。(作品資料より)

シン・ゴジラのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年7月29日
キャスト 監督・特技監督樋口真嗣
准監督・特技統括尾上克郎
脚本・総監督庵野秀明
出演長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
配給 東宝
制作国 日本(2016)

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、29件の投稿があります。

P.N.「こんさん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-24

これは同志に向けられた映画です。国内ばかりで海外では微妙…とばかり謳われますが、実際には60年前の初代と同じ状態。国内外問わず、良し悪しの評価がパックリ割れているんです。また、ゴジラ沢山観た!という方には、国内外問わず高く評価されています。ゴジラの本質と共に、散りばめられたオマージュにどれだけ気付けるかが評価の分かれ道です


レビューを投稿する

「シン・ゴジラ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-08-23 00:01:21

広告を非表示にするには