アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 作品情報

ありすいんわんだーらんどじかんのたび

ワンダーランドの秘密が明らかに

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅のイメージ画像1

美しく成長したアリスは、父の形見のワンダー号の船長として、3年に渡る大航海を成功させロンドンに戻ってきた。だが、彼女を待ち受けていたのは、父の愛した船を手放すという厳しい現実。途方に暮れる彼女の前に、突然、青い蝶アブソレムが現れ、友だちのマッド・ハッターの危機を告げる。アリスはハッターを救うため、鏡を通り抜けてワンダーランドへ。そこには、死んだはずの家族の帰りを待ち続けるハッターがいた。白の女王らは、ハッターの家族を蘇らせるため、アリスに過去を変えてほしいと頼む。そのためには、時間の番人<タイム>が持つ、時を操れる<クロノスフィア>が必要だった。クロノスフィアを盗んだアリスは、タイムの追跡を逃れながらワンダーランドの時間をさかのぼり、仲間たちの“子供時代”へと向かうが…。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の解説

悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、時間を遡るアリスの冒険を描くファンタジー・アドベンチャー。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実と“時間の番人”タイムとの戦い…。はたして、マッドハッタ―を救うことはできるのか?そして、運命に逆らい過去を変えることはできるのか?大人の女性へと成長した主人公アリスを演じるミア・ワシコウスカはじめ、マッドハッタ―のジョニー・デップ、白の女王のアン・ハサウェイ、赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターら豪華キャスト陣が再集結し、個性豊かなキャラクターを熱演。また、物語の重要なKEYとなる<時間>を司るタイム役には、『ポラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンが抜擢されているのにも注目だ。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年7月1日
キャスト 監督ジェームズ・ボビン
出演ジョニー・デップ アン・ハサウェイ ミア・ワシコウスカ ヘレナ・ボナム・カーター サシャ・バロン・コーエン
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2016)

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「kyon☆」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-03

私はこの映画の噂はつまらないときいたが、あまりに良い期待ハズレばかりで感動しました。とても大切な人がきっと元気なく死にそうならなんとしてでも助けたいと思います。最終的に人間は誰かを守る為なら自分を犠牲にして守るべきものなら手段を選ばないと思います。後、過去は変えらなれない。過去は学ぶもの。確かにそう。自分のもって産まれた性格や本質は変えれないから過去を変えても意味がないから。とても学びました。久々に最高な映画でした!


レビューを投稿する

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-25 14:22:08

広告を非表示にするには