不屈の男 アンブロークン 作品情報

ふくつのおとこあんぶろーくん

遭難、虐待…。苦難に立ち向かう男の実話

不屈の男 アンブロークンのイメージ画像1
不屈の男 アンブロークンのイメージ画像2

イタリア移民の子として生まれたルイ・ザンペリーニは、高校生の時に1936年のベルリンオリンピックに出場し、一躍英雄となった。やがて戦争が始まり、出征したルイの乗った飛行機がエンジントラブルで海上に墜落。47日間の漂流の末、ルイは日本軍の捕虜になる。ルイは大森捕虜収容所に送られるが、そこで所長の渡辺伍長になぜか目をつけられるようになる。激しい虐待に遭うルイだが、彼は屈する事なく、絶え抜こうと決意する。

「不屈の男 アンブロークン」の解説

ハリウッドNo.1女優として売れっ子のアンジェリーナ・ジョリー。本作はボスニアの民族紛争を扱ったデビュー作『最愛の大地』に続く、監督2作目。ルイ・ザンペリーニの実話を基にした原作を、脚本化したのはコーエン兄弟ら。撮影監督は、現在のハリウッドで最も実力があるロジャー・ディーキンスとスタッフも一流だ。映画のテーマは、「あきらめずに生き抜くこと」。ルイは仲間のリーダー格でもないし、能動的に何かをするタイプでもない。しかし目立たないかもしれないが、諦めもしない強さがある。そんなところに心動かされるのだろう。なお、本作は一時ネットに“反日的”と映画を観てもいない人たちによって槍玉に挙げられたが、そんな事はまるでない。映画のポイントはそこにはないのだから。

不屈の男 アンブロークンのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年2月6日
キャスト 監督アンジェリーナ・ジョリー
原作ローラ・ヒレンブランド
出演ジャック・オコンネル ドーナル・グリーソン MIYAVI ギャレット・ヘドランド フィン・ウィットロック
配給 ビターズ・エンド
制作国 アメリカ(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 137分

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「不屈の男 アンブロークン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-07-21 23:32:11

広告を非表示にするには