ボクは坊さん。 作品情報

ぼくはぼうさん

24歳で住職になった青年の奮闘記

ボクは坊さん。のイメージ画像1
ボクは坊さん。のイメージ画像2

愛媛県今治市にある四国八十八ヶ所霊場の第57番札所、栄福寺で生まれ育った進は、高野山大学で修業を積み、お坊さんの資格を得て実家の寺に帰ってくるも、地元の本屋で書店員として働いていた。幼なじみの京子と真治は、進がお坊さんになることを期待して“和尚”と呼び続けているが、進本人はその決心がつかないでいた。そんなある日、栄福寺の住職で進の祖父・瑞円が病に倒れる。寺に住職がいなくなる事態になって、進は自分の進むべき道を見つける。

「ボクは坊さん。」の解説

糸井重里が主宰するWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年間にわたって連載された、現役の住職・白川密成氏によるエッセイ「ボクは坊さん。」をもとに、氏が「奥深く、毎日が驚きの連続だった」と語る住職の日常を描き出した作品。24歳で実家の寺の住職を引き継いだ青年が、檀家の人たちとの関係に悩み、冠婚葬祭で人々の人生の節目を見守り、様々な経験を積むことで成長していく姿を綴っていく。主人公の僧侶・白川光円を演じるのは、『ビリギャル』や『踊る大捜査線』の伊藤淳史。彼と交流する幼なじみや大学時代の友人たちを演じるのは、山本美月、溝端淳平、濱田岳といった豪華な面々にも注目だが、檀家の長老役、イッセー尾形の味わい深い演技が忘れ難い。

ボクは坊さん。のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年10月24日
キャスト 監督真壁幸紀
原作白河密成
出演伊藤淳史 山本美月 溝端淳平 渡辺大知 遠藤雄弥 駒木根隆介 斉藤歩 有薗芳記 松金よね子 濱田岳 松田美由紀 イッセー尾形
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2015)

(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ボクは坊さん。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-07-28 00:02:29

広告を非表示にするには