カプチーノはお熱いうちに 作品情報

かぷちーのはおあついうちに

人生を彩る思いがけない出会いと別れ

カプチーノはお熱いうちにのイメージ画像1

南イタリアの街レッチェ。エレナは親友のファビオと共にカフェで働きながら、いつか自分たちの店を持つことを夢見ている。ある日、粗野で傲慢なアントニオと出会うが、彼は同僚シルヴィアの恋人だった。反目しながらも、強く惹かれあう2人。13年後、ファビオと共に経営するカフェ・ガソリンスタンドは繁盛し、仕事に子育てに大忙しのエレナ。叔母に誘われ、軽い気持ちで受けた乳がん検診の結果が波紋を巻き起こす。

「カプチーノはお熱いうちに」の解説

どんなに情熱的に愛しあっても、時がたてば愛はその形を変えてゆく。肉体の衰え同様、経年変化は避けられない。さらに、生きていれば突発事故は付きものであり、現実を受け入れることこそが人生を愛おしむことなのだ。毎春恒例のイタリア映画祭の常連であり、劇場公開された『あしたのパスタはアルデンテ』のヒットも記憶に新しいイタリアの人気監督フェルザン・オズペテクが、悲しみや苦痛を抱えながらも、愛と友情に支えられ生きてゆく人々の姿を、繊細かつユーモアたっぷりに描いた本作。本国で大ヒットを記録し、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では11部門でノミネートされている。どこまでも生きることを肯定する心に残る一本だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月19日
キャスト 監督・原案・脚本フェルザン・オズペテク
出演カシア・スムトゥニアク フランチェスコ・アルカ フィリッポ・シッキターノ カロリーナ・クレシェンティーニ
配給 ザジフィルムズ
制作国 イタリア(2014)
年齢制限 R-15
上映時間 112分

(c)2013 All rights reserved R&C Produzioni Srl - Faros Film

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-12

本編はロードショー時に見逃して締まったのでTV視聴と相成った。映画〈ある愛の詩〉〈地球の中心で愛を叫ぶ〉の様な難病ものの側面も有るが、マイノリティを含む男女の愛の機敏が絶妙に描かれている点が佳いね。ラディゲの〈肉体と悪魔〉見たいでもー。ヒロインの子がナタリー・ポートマン系の美女なのもね?病室の隣の患者とのやり取りが又、実にハートフルだった??


レビューを投稿する

「カプチーノはお熱いうちに」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-17 16:00:04

広告を非表示にするには