雪の轍 作品情報

ゆきのわだち

少年の投げた石が男の人生に波紋を広げる

雪の轍のイメージ画像1
雪の轍のイメージ画像2

トルコ、カッパドキア。元舞台俳優のアイドゥンは、父の遺産を引き継ぎ、ホテル・オセロのオーナーとして裕福に暮らしている。家族は離婚した出戻りの妹ネジラと、慈善事業に熱心な若く美しい妻ニハル。今は地元の新聞にコラムを連載しているが、ゆくゆくはトルコ演劇史を執筆するつもりだ。膨大な資産の中には貸家もあり、その管理は使用人や弁護士任せきりだったが、ある日、家賃を滞納する貧しい一家の存在を知る。

「雪の轍」の解説

持てる者と持たざる者がいる。知識人を気取り、すべてに鷹揚な男は、貧しさの何たるかを理解できない。と同様に、年の離れた妻の心の叫びにも耳を傾けず、年月を重ねてきたのだろう。気付いた時には降り積もる雪に閉じ込められて行き場を無くしてしまうのだ。世界遺産の大奇岩地帯カッパドキアを舞台に繰り広げられる対立と悔恨の人間ドラマは、見る者の心の奥底にくっきりと足跡を残す。これまでカンヌ国際映画祭で2度のグランプリと監督賞受賞を誇るトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督が、チェーホフの短編にインスパイアされ、15年の構想を経て完成させた本作は、2014年、満を持してパルム・ドール大賞に輝いている。

雪の轍のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年6月27日
キャスト 監督・脚本ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出演ハルク・ビルギネル メリサ・ソゼン デメット・アクバァ アイベルク・ペクジャン セルハット・クルッチ ネジャット・イジレル
配給 ビターズ・エンド
制作国 トルコ=フランス=ドイツ(2014)
上映時間 196分

(C)2014 Zeyno Film Memento Films Production Bredok Film Production Arte France Cinema NBC Film

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-12

アントン・チェホフにインスパイアされたと言う点で本編に共通性が在ったのが映画〈不倫したい女〉だった…。初老の大学教授と女子大生との儚い関係がやがて家庭の、人生の破局へ向かって仕舞う面ではちょいと、マレーネ・デートリッヒのデビューした〈嘆きの天使〉を思わせるシーンも有る。禁じられた恋の残酷な顛末なのかも知れないがー。


レビューを投稿する

「雪の轍」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-26 15:24:05

広告を非表示にするには