ヒロイン失格 作品情報

ひろいんしっかく

邪道ヒロインは王道ヒロインになれるのか?

ヒロイン失格のイメージ画像1

松崎はとりは、幼なじみの寺坂利太の事が大好き。小学校の頃から10年間、自分がヒロインだと思い込み、彼にまとわりついている。しかし、利太は六角精児似の真面目女子、安達未帆と付き合い始めてしまう。邪道ヒロインでもいい、何とか利太を取り返そうと画策をしているはとりに、学校一のモテ男、弘光廣祐がちょっかいを出してくる。はとりは彼にファーストキスを奪われ、しかも利太と安達のカップルとダブルデートする事に…。

「ヒロイン失格」の解説

主人公のはとりは、ライバルへの悪意や幼なじみの恋心など、ティーンの女子の本音を赤裸々に語る、“ヒロイン”らしからぬ女の子。そんな“邪道ヒロイン”が、クールだがどこか母性本能をくすぐる幼なじみ男子と、女の子を優しく包んでくれるが本心では何を考えているかわからないモテ男、二人の男性の間で揺れ動く。幸田もも子の同名原作コミックに惚れ込んだ桐谷美玲が、出演を熱望したという一作だ。「思い出深く、大好きなマンガ」と言い切るだけあって、桐谷は変顔など、コミカルな演技を体当たりで披露している。はとりを取り巻く二人の男子を演じる山崎賢人と坂口健太郎も、それぞれに魅力たっぷり。監督を務めたのは『高校デビュー』の英勉。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月19日
キャスト 監督英勉
原作幸田もも子
出演桐谷美玲 山崎賢人 坂口健太郎 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン 中尾彬 柳沢慎吾 六角精児 濱田マリ 竹内力
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2015)
上映時間 112分

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

ユーザーレビュー

総合評価:3.67点★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「NAOYA∞」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2015-11-01

はとりを振り回し、弄んだ3人がそれぞれ男として女として失格でしょ。ストーリーは単調、ギャグと演出はオーバー&陳腐すぎて最後まで笑いも涙もなし。利太は終始棒読みで、はとりや安達への思いが全く伝わってこず、弘光君は失礼ながら、性格良しでも全然イケメンには見えず。主題歌と25歳にして今時女子高生役が見事にハマっていた桐谷さんに星です。


レビューを投稿する

「ヒロイン失格」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-20 11:26:15

広告を非表示にするには