バケモノの子 作品情報

ばけもののこ

少年は自分の人生を生きる道を選ぶ

バケモノの子のイメージ画像1
バケモノの子のイメージ画像2

突然、母を亡くし、ひとりぼっちになった9歳の少年。行き場を無くして【渋谷】の街をさ迷い、バケモノ・熊徹と出くわす。バケモノたちの棲む異世界「渋天街」で、次の宗師の座を巡り、強さと品格を兼ね備えたライバル・猪王山と争う荒くれ者の熊徹も又、親も師も無く腕っ節の強さだけで生きてきたのだった。人間を弟子にする事は御法度だったが、熊徹は少年を引き取り九太と名づけ、前代未聞の修行の日々が始まる。

「バケモノの子」の解説

たったひとりで生きて行く覚悟を決めた健気な少年と、肝心なのは心の中の剣だと教える粗野なバケモノが、反発し合いながらも、互いに高め合い、いつしか本物の父と子以上に強い絆で結ばれてゆく。『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督が自ら設立したスタジオ地図を率い、『おおかみこどもの雨と雪』に続く本作でも、軽々と境界線を越えてみせる。世界屈指の繁華街【渋谷】の路地裏を抜けると、そこは神への転生を約束された宗師が束ねるバケモノの世界。心躍る冒険や様々な葛藤を描きつつ、一大スペクタクルの大団円を迎える細田ワールドに引き込まれる。強烈な個性を放つキャラクターを役所広司ら声優陣も好演。

バケモノの子のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年7月11日
キャスト 監督細田守
声の出演役所広司 宮崎あおい 染谷将太 広瀬すず 津川雅彦 リリー・フランキー 大泉洋 山路和弘 諸星すみれ 黒木華 宮野真守 大野百花 山口勝平 長塚圭史 麻生久美子
配給 東宝
制作国 日本(2015)
上映時間 119分

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

ユーザーレビュー

総合評価:4.1点★★★★☆、20件の投稿があります。

P.N.「つまようじ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2016-07-26

今回は最初から最後まで声の演技に違和感しかなく、気になって内容に集中できなかった。The芸能人って感じの声の出演者のなかでも、全く違和感を覚えなかったのは役所広司、大泉洋、リリーフランキー、津川雅彦(敬称略)でした。すごい。上手い人なら芸能人でもいいのだけれど、あまり上手くない人の起用は控えてほしいかな…せめてメイン処だけでも。。。


レビューを投稿する

「バケモノの子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-11 16:26:14

広告を非表示にするには