正しく生きる 作品情報

ただしくいきる

日本に生きる我々に問いを突きつける衝撃作

正しく生きるのイメージ画像1

高名な芸術家であり、美術大学で教鞭を執る柳田。彼は大きな災害による原発事故以降、自身の最後の作品として、放射性物質を使ったオブジェの制作を始める。だが、その身体には同時に死の影も忍び寄っていた。柳田に自分の作ったオブジェを粉々に破壊された美大生の桜は、その日から執拗に柳田を追い始める。桜は、柳田の自宅前でガイガーカウンターが激しく反応する場面に遭遇する。疑念を抱いた桜は柳田を訪ね理由を問い正すが、無言で立ち去られてしまう。残された桜に向かって、柳田の友人・白石は、ある意外な事実を告げるのであった…。

「正しく生きる」の解説

とある大きな災害をきっかけに、様ざまな事情を抱えたまま“愛”を求め疾走し始める人々。その姿を浮き彫りにしながら、漠然とした不安な時代である“現在”に「正しく生きる」とは何かを問いかける衝撃作。主人公のひとりである柳田を演じるのは、映画やドラマと幅広く活躍し、日本を代表する俳優の一人である岸部一徳。友人・白石を柄本明が演じる。また宮崎将、水上竜士、鈴木卓爾などプロの俳優と共に、京都造形芸術大学映画学科俳優コースの学生たちが重要な役を演じているのも見どころの一つ。監督は福岡芳穂。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年3月7日
キャスト 監督福岡芳穂
出演岸部一徳 柄本明 宮崎将 水上竜士 鈴木卓爾 宇野祥平 大森立嗣 水本佳奈子 青山理紗 宮里紀一郎 浜島正法 上川周作 杉本瑞季 早川紗月
配給 マジックアワー
制作国 日本(2015)
上映時間 108分

(C)2015 北白川派

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「正しく生きる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:19:59

広告を非表示にするには