マジック・イン・ムーンライト 作品情報

まじっくいんむーんらいと

天才マジシャンと占い師の恋のゆくえは?

マジック・イン・ムーンライトのイメージ画像1

1928年。ベルリンの劇場で、拍手喝采を浴びる中国人奇術師。しかしその正体は、英国人天才マジシャン・スタンリー。そんな彼の元に、友人が相談を持ち込んで来る。ある資産家を騙している占い師の正体を暴いてくれというのだ。早速、彼は資産家の別荘へ。その占い師はソフィというアメリカ出身の若い女性。しかしスタンリーはそのトリックを見破るどころか、自分の過去を言い当てられ動揺してしまう。そんな、2人の間に恋の予感が…。

「マジック・イン・ムーンライト」の解説

老いてもなお、年に1作は新作を届けてくれるウディ・アレン監督。ケイト・ブランシェットにアカデミー主演女優賞をもたらした『ブルー・ジャスミン』のように、毎回そのキャスティングが楽しみ。今作は『英国王のスピーチ』の実力派コリン・ファースと、「アメイジング・スパイターマン」シリーズなどで人気上昇中のエマ・ストーンが共演。ファース演じるマジシャンは、無神論者で科学や論理を信じ、皮肉屋で悲観論者と言うアレン映画でおなじみのキャラクター。そんな堅物が、若くて魅力的な女性にあっさりと恋をしてしまう。「すべてにタネも仕掛けもある」という天才マジシャンでも見抜けないトリックこそ“恋の魔法”なのだ。ここ最近シニカルな目線が続いていたアレン作品の中では、久々にストレートなロマンチック・コメディ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年4月11日
キャスト 監督・脚本ウディ・アレン
出演コリン・ファース エマ・ストーン マーシャ・ゲイ・ハーデン
配給 ロングライド
制作国 アメリカ=イギリス(2014)
上映時間 98分

Photo: Jack English (C)2014 Gravier Productions, Inc.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-12

サム・ライミ監督の映画「オズ~始まりの戦い」のマジシャンに扮するジェイムス・フランコを見てふと、名作掘り起こしの老舗の岩波ホールで昔観た、イングマール・ベルイマン監督のモノクロ映画「魔術師」を思い出した…。調べて見たら其のクラシック映画を特に愛好しているのがウデイ・アレン監督だった。ダイアン・キートン主演のシリアスな心理映画「インテリア」もそうだけど、本編もベルイマン作品へのオマージュ何だろうと想えて来たんだ!


レビューを投稿する

「マジック・イン・ムーンライト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-17 16:00:07

広告を非表示にするには