愛して飲んで歌って 作品情報

あいしてのんでうたって

レネが遺した、陽気でチャーミングなドラマ

愛して飲んで歌ってのイメージ画像1
愛して飲んで歌ってのイメージ画像2

誰からも愛されるカリスマ的魅力を放つジョルジュ。末期ガンで彼の余命がわずかだと知らされた三組の友人夫婦は大慌て。彼らは、愛すべき旧友の残り少ない人生を良きものにしようと一致団結するのだが、過去にジョルジュと関係のあった女たちは彼をめぐって火花を散らし、男たちは胸にくすぶる想いを抱えて右往左往することに。

「愛して飲んで歌って」の解説

『夜と霧』『二十四時間の情事』『去年マリエンバートで』など、映画史に名を残す数々の作品を撮り続けてきたフランスの巨匠アラン・レネの遺作。彼が最後に遺したのは、レネの文学、演劇、音楽、コミックへの造詣の深さをうかがわせ、それらを融合させた軽やかでチャーミングな男と女の恋愛喜劇だ。そんな瑞々しいレネの創意と情熱が讃えられ、2014年ベルリン国際映画祭では、通常は革新的な若手の映画監督に与えられるアルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)を受賞。年を重ねても、常に新境地を開拓してきたレネに対する最高の賛辞となった。直後の3月1日、レネは人生を閉じる。享年91。本作はタイトル通り、人生を楽しむ術を教えてくれる。(作品資料より)

愛して飲んで歌ってのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年2月14日
キャスト 監督アラン・レネ
出演サビーヌ・アゼマ イポリット・ジラルド カロリーヌ・シオル ミシェル・ヴュイエルモーズ サンドリーヌ・キベルラン アンドレ・デュソリエ
配給 クレストインターナショナル
制作国 フランス(2014)
上映時間 108分

(C)2013 F COMME FILM - FRANCE 2 CINEMA - SOLIVAGUS

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-20

代表作の<去年マリエンバートで>もシュールな画面が印象深かった♪本編も舞台劇さながらのカラフルな映画セットと車の走行、館の外観、コミック風な背景合成術…と実験性は衰えない!!意外な展開に観客を煙に巻いて意気軒昂と言う処か…。流石に大御所。遺作か処女作か判らない軽やかさ!だ。


レビューを投稿する

「愛して飲んで歌って」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-25 16:01:33

広告を非表示にするには